なんかいろいろするよ

ゲームしたり競馬したり酒飲んでます

ドラフトキング⑤

3か月開きました

steamがサイバーパンク2077とバイオシリーズをセールしたのが悪い

 

・翔太(佐藤 翔太)

f:id:sontamu75513:20220721200907j:image
f:id:sontamu75513:20220721200904j:image
f:id:sontamu75513:20220721200857j:image
f:id:sontamu75513:20220721200902j:image

 

 

神奈川帝陽大→横浜ベイゴールズ(9年前のD3位)→大阪大正ガス

 

内野3ポジションに加えて外野も守れるユーティリティプレイヤー

全力プレイが持ち味だが、それが災いして一軍と二軍を行ったり来たりのプロ人生だった。

 

トライアウトでプロ続行を目指すも獲得球団は現れず、社会人の大阪大正ガスに入社した。

 

ガッツ溢れるプレイで人気を博し、プロ退団後も人気選手の様子。

妻と娘の3人家族。

 

総評

ムード○は強すぎるけどこういう選手すきだよ

 

 

 

 

・北畠 翔(きたばたけ しょう)

f:id:sontamu75513:20220814123130p:image

f:id:sontamu75513:20220814123137j:imagef:id:sontamu75513:20220814123141j:imagef:id:sontamu75513:20220814123145j:image

 

相模浜光陰高校(中退)→東京パーフェクトマッスルズ

 

「一人だけ次元の違う場所で野球をしていた天才」と言われた大阪の超有望株。

 

横浜スカウト郷原の斡旋で神奈川に進学するが、独特で常人には理解し難い野球観が災いし、高校時代は孤立無援に。

相模浜光陰の土佐監督との関係が修復不可能となり中退。しばらく無為に過ごしていた。

 

しかし、再び郷原の斡旋により、東京のクラブチームである東京パーフェクトマッスルズに入部した。

 

母子家庭で育ち、プロで唸るほど金を稼いで母親に楽をさせることが夢。

 

総評

数年後には150キロ代を連発するすごい投手になってます

 

 

 

 

・菊地原 英光(きくちはら えいこう)

f:id:sontamu75513:20220814124551p:image

f:id:sontamu75513:20220814124616j:image

f:id:sontamu75513:20220814124620j:image

 

釜石実業高校→福岡ブラックホークス(育成D1位)→横浜ベイゴール

 

長い手足を使ったダイナミックなフォームが魅力の大型サウスポー。

元々別の選手を観に来ていた郷原が偶然見出した。

 

高校時代は並の投手だったものの、岩手学院大学の千葉監督と二人三脚で特訓を重ね、最速144キロを記録する隠れた逸材となった。

 

ブラックホークス中溝スカウトも彼の才能を見抜き、育成契約で指名。

 

その後なんやかんやあって155キロを記録する剛腕リリーバーになったが、層が厚いホークスでは支配下登録されず、育成再契約の隙をついて横浜が支配下で獲得した。

 

横浜入団後は金髪に染め、和製ランディ・ジョンソンみたいになる。

 

総評

なんやかんやが複雑すぎるので、詳しくは本編を読んでください(ダイマ)

ブラックホークス編成は無能

ドラフトキング④

二週間で更新とか偉すきだろ!

 

・仲眞 大海(なかま おーしゃん)

f:id:sontamu75513:20220528224014p:image

f:id:sontamu75513:20220528224115j:imagef:id:sontamu75513:20220528224117j:imagef:id:sontamu75513:20220528224132j:image

 

石垣商工高校→横浜ベイゴールズ(D7位)

 

琉球のチャップマン」と言われた大型左腕。

一時期は怪我に苦しんでいたが、強豪揃いの沖縄県大会でチームを甲子園出場へと導いた。

 

ムラもあるが将来性抜群のプレースタイルが、各方面の指導者を刺激した。

 

キラキラネーム以外は評価が高いとも。

 

総評

エースで4番だったので申し訳程度に野手能力つけました。

 

 

 

・照屋 勉(てるや つとむ)

f:id:sontamu75513:20220528224750p:image
f:id:sontamu75513:20220528224828j:image
f:id:sontamu75513:20220528224831j:image
f:id:sontamu75513:20220528224834j:image

 

 

石垣商工高→横浜ベイゴールズ(D8位)

 

仲眞の同級生として活躍した遊撃手。

9番打者と打棒はまだまだながら、守備や走塁、そしてチームの精神的支柱として活躍した。

 

小・中時代は全国大会に出場するなど、その野球偏差値の高さを買われていた。

 

沖縄県大会決勝では、甲子園出場を決めるサヨナラホームランを放った。

 

 

総評

内外野どこでも守れるのでつよい

⭐︎の数以上に強いわねこれは(KONAMI)

ドラフトキング③

こんなブログ誰もみてないやろ!

 

・沖本 拓也(おきもと たくや)

f:id:sontamu75513:20220515132630p:image

f:id:sontamu75513:20220515132748j:image
f:id:sontamu75513:20220515132745j:image

東岡山高校→倉敷工科大学→万田自動車→大阪ホワイトタイガース(D3位)

 

興大学の倉敷工科大学で活躍した長距離砲。高校時代は補欠だったが、倉敷工大の新監督に見込まれて大学進学。

 

全くの無名選手だったが、2部リーグ、1部リーグと打棒を発揮し、倉敷工科大学を神宮大会へと導く。 

 

大学卒業時にドラフト指名がなく、万田自動車から大阪ホワイトタイガースへ進み、ルーキーながら17本のホームランを打ち、即戦力として活躍した。

 

 

総評

広角打法持ちが強い。

2020ではチャンスBにしてたけど、勝ち越しのタイムリーとかあったので決勝打付けました

 

 

・蔵田 健介(くらた けんすけ)

f:id:sontamu75513:20220515133944j:imagef:id:sontamu75513:20220515133948j:image

f:id:sontamu75513:20220515133950p:image

 

如産館高校→憂羅志亜大学→横浜ベイゴールズ(D3位)

 

高校時代は成長痛に悩み、ほとんど登板がなく、、高校時代の監督のパイプで名門・憂羅志亜大に進むも、指導法が合わずに干されていた。

 

しかし、独学でトレーニング法について勉強し、150キロを軽く超える剛腕投手へと成長した。

全くの無名選手だったが、プロ入り後は12勝10敗の好成績を残し、見事に新人王を獲得した。

桑田真澄が大好き。

 

 

総評

横浜DeNAにもこんな選手現れないかなぁ……(願望)

 

 

真田丸 謙吾(さなだまる けんご)

f:id:sontamu75513:20220515134716j:image
f:id:sontamu75513:20220515134713j:image
f:id:sontamu75513:20220515134711j:image

f:id:sontamu75513:20220515135618p:image

仙台育栄高校→横浜ベイゴールズ(D1位)

 

中学時代から全国大会の常連で、名門・仙台育栄に進学後は1年生の秋からエースで4番として活躍。

 

198cmの恵まれた体格により、鳴り物入りで入団するが、コーチの指導法などが合わず、イップスに近い状態になっていた。

 

新人スカウトである神木のバックアップのもと、ドラフト1位としての片鱗を取り戻し、復活を期す。

 

 

総評

エースで4番ということで、申し訳程度に野手能力を高くしました

ドラフトキング②

最新作が発売されましたがまだ出来ていません。

なので自己満キャラを紹介します。

 

・トニー田所

f:id:sontamu75513:20220421215111p:image

f:id:sontamu75513:20220421215233j:imagef:id:sontamu75513:20220421215239j:imagef:id:sontamu75513:20220421215245j:image

 

奄美大島の高校→万田自動車

 

奄美大島の無名高校に突如現れた、「奄美大魔神

メジャー級のポテンシャルに、恵まれた身体を持つまさに逸材だが、メンタル面に多くの課題を抱え、万田自動車で経験を積むこととなった。

 

高校時代は投手だったが、スカウト郷原の口利きで社会人に進み外野手へ転向。

プロへの使命も秒読みだ。

 

 

総評

レーザービームを付けたかった。

投手だと敏捷が足りなすぎる。

 

 

パワプロ2022はLIVEパワプロで引き継ぎ出来ないの忘れてた(池沼)

ちゃんと同じような能力で作り直すのでゆるして

 

 

ドラフトキング①

ち皆さんは「ドラフトキング」という漫画をご存知だろうか?

f:id:sontamu75513:20220330231407p:image

プロ野球のスカウトを題材にした大人気野球漫画!

グランドジャンプにて絶賛連載中!

3/18には最新11巻も発売!(ダイマ)

 

 

というわけで今回はドラフトキングに出てくる選手の再現です。

顔とか能力には賛否あると思うけど許して

 

 

・桂木 康生(かつらぎ こうせい)

f:id:sontamu75513:20220330230607p:image

f:id:sontamu75513:20220330230818j:image
f:id:sontamu75513:20220330230813j:image
f:id:sontamu75513:20220330230816j:image

 

花咲徳丸高校→横浜ベイゴールズ D4位(野手指名)

 

 

高校時代は絶対的エース、東条の2番手として出場していたが、一年夏には野手として県大会で4割超の打率を誇った逸材。

 

チーム事情で投手にコンバートされたものの、素早い牽制や柔らかいフィールディング、そして勝負強い打撃と、正にセンス抜群のスター候補。

 

総評:レーザービームをつけたかった。

投手プレイだと敏捷が足りなすぎる。

 

 

・阿比留 一成(あびる かずなり)

f:id:sontamu75513:20220402215415j:image

f:id:sontamu75513:20220402215425j:imagef:id:sontamu75513:20220402215428j:image

 

木更津東郷→中央学園大→万田自動車

 

アマ野球界のエリートとも言える経歴だが、万田時代に膝を故障してしまい、ベイゴールズから即戦力遊撃手として指名を受けるも入団拒否。

その後外野手へと転向し、アマ球界のトッププレーヤーとして40歳まで現役を続けた。

 

総評:能力的には上手く出来たと思うけど、プロ年数と生年月日の設定を上手く変えるようにしろKONMAI

 

シャークス選手紹介⑧

もう言い訳も出来ません

 

新潟ワイルドシャークス

https://sontamu75513.hatenablog.com/entry/2021/09/29/231203

 

(※このチームは架空です。実在の人物や球団には一切関係ありません。)

(※ドラフト順位を書いたり書かなかったりします。整合性が取れる自信がないからです。ゆるして)

 

 

・ルーカス・ウォーカー

ピッツバーグ3A(ドラフト3巡目)→シカゴ3A→シカゴメジャー→新潟

 

f:id:sontamu75513:20220226212726j:image
f:id:sontamu75513:20220226212723j:image

遊撃手不足に悩む新潟が、本場アメリカから呼び寄せた大型ショート。

 

現地では控えショート兼サードとしての活躍が多かったが、日本に来てからはレギュラーとして八面六臂の活躍を果たしている。

 

だが、ほかの外国人選手と一緒にいるところを見られ、好きな食べ物は寿司、好きな飲み物はビールと、弱点を握られつつある。

 

 

・小川 泰成(おがわ たいせい)

大阪峰院高校→2015東京二軍2位→2017千葉二軍→2020新潟

f:id:sontamu75513:20220226220502j:image
f:id:sontamu75513:20220226220548j:image

 

 

現在新潟の四番を務める長距離バッター。

穴は多いが、それを覆すほどの飛距離や勝負強さは大きな魅力。

 

プロ入り後から主力として活躍を期待されていたが、数年を経てようやく才能が開花した苦労人。